平成28年度 北九州市立八幡病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 4164 639 126 125 159 221 499 714 710 220
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。

【解説】
 当院は、救命救急センター・小児救急センターを設置し、一次から三次まで、また小児から高齢者まで、幅広く患者を受け入れています。特に小児医療については、成人科協力の下、365日24時間積極的に受け入れていることから、当院の退院患者数に占める小児患者の割合が高くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 26 13.69 14.61 0.00% 64.77
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 22.00 21.25 26.32% 79.53
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 10 21.80 19.92 20.00% 65.10
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.48 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 当科は、呼吸器・消化器・糖尿病・神経の各分野の専門医をそろえており、予定入院から緊急入院まで様々な症例に対応しています。
入院患者数としては、糖尿病(コントロール目的から合併症症例まで)や肺炎(誤嚥性肺炎や間質性肺炎含む)、尿路感染症などが多く、
その中には敗血症、ショック、ICDなどをきたしている重症患者さんも少なからず含まれます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 88 3.86 3.06 1.14% 71.15
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 20.94 17.95 25.00% 83.10
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 6.83 4.71 2.50% 67.20
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 24.45 21.25 55.00% 84.00
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 10.45 11.38 10.00% 81.50
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 虚血性心臓病(狭心症と心筋梗塞症)のため心臓カテーテル検査を行った症例が最も多く、次いで心不全の症例です。
虚血性心臓病は一次予防が広く認知されていることもあり全国的にも減少傾向ですが、一方高齢者心不全は増加の一途を辿っています。
心不全の原因は多岐に渡ることから、各々の専門領域の粋を集めた治療を施し再入院をなくすように努めています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 767 7.52 5.79 0.39% 4.07
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 597 7.15 6.09 0.84% 1.57
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 401 6.98 6.02 1.50% 1.54
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 363 6.95 6.42 1.93% 4.09
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 353 5.45 5.50 0.57% 3.40
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 当科は夜間・休日急患センターを併設し24時間診療を行っています。
さらに二次、三次病院であるため近隣の医療機関からの紹介入院も多く、細菌性肺炎、インフルエンザやRSウイルスなどのウイルス性肺炎、
ノロ、ロタなのどウイルス性腸炎などの感染症が多くを占めます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 79 5.61 5.60 0.00% 17.82
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 10.25 9.08 8.33% 65.83
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 34 14.50 11.74 2.94% 73.24
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 27 4.52 4.48 0.00% 70.26
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 24 8.08 7.89 0.00% 57.08
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 診断群分類では、急性期疾患である虫垂炎、腸閉塞が多く、いずれも救命救急センターを併設している当院の特色を示しています。
悪性腫瘍では肝腫瘍、肝内胆管腫瘍や結腸(虫垂を含む。)腫瘍が多く、手術以外でも血管カテーテル治療や抗がん剤治療を積極的に行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 52 33.92 27.63 82.69% 78.98
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 35 23.86 20.57 68.57% 81.29
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 26 8.88 5.49 0.00% 31.62
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 25 6.00 5.33 0.00% 15.40
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 11 22.09 20.45 81.82% 81.18
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 急性期病院のため、外傷患者が多く、中でも高齢者の大腿骨近位部骨折、脊椎椎体骨折、骨盤脆弱性骨折、
小児での前腕、肘関節周囲の骨折が多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 13.83 7.52 21.74% 69.70
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 14.39 9.87 13.04% 71.83
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 22.70 16.54 55.00% 70.20
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 18.07 19.35 53.33% 66.87
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 5.57 7.12 21.43% 59.57
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 18.57 16.73 21.43% 72.29
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 従来より救命救急センターで、外傷と脳血管障害を広く受け入れてきました。そのため診断群分類では、頭蓋・頭蓋内損傷と脳梗塞、脳出血が多くなっています。
また、けいれん発作の救急患者の中には、てんかん重積状態になっている患者が多いため、短期の入院が必要となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 61 8.75 9.91 0.00% 5.51
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 18 4.50 4.28 0.00% 26.89
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 14 8.07 5.80 0.00% 26.50
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 13 3.23 6.76 0.00% 37.46
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 13 3.69 5.11 0.00% 14.38
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 2016年形成外科では年間1111件の手術を行い、そのうち入院手術は321件でした。当科の特色として体表の先天異常を多く扱っており、2016年では104件の先天異常の手術を行いました。
入院手術でも口蓋・口唇先天性疾患の手術数が最多となっています。
口唇口蓋裂は生後3ヶ月から思春期までの各年齢に応じた、手術を含めた加療を行っており、県外からも多くの患者が来院しています。
良性の皮膚、皮下腫瘍でも外来手術では対応が困難な場合、入院手術を行っています。顔面の骨折や手の外傷に対しても必要に応じて入院、手術による加療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし - - 11.28 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 外科的処置が必要のない皮膚の急性感染疹が最も多く、次に薬や感染症によると考えられる中毒疹の入院が多くなっています。
帯状疱疹は外来治療が主ですが、汎発型や顔面に皮疹のある一部症例では入院治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 4あり - - 17.48 - -
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 11.72 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.44 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし - - 14.67 - -
11022xxx04xx0x 男性生殖器疾患 包茎手術 定義副傷病 なし - - 3.63 - -
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 12.52 - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 尿路悪性腫瘍(腎癌、膀胱癌、前立腺癌等)に対し、手術治療および全身化学療法を施行しています。
前立腺癌骨転移に対する化学療法が増えてきています。また、尿路性器感染症に対する治療も積極的に行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160970xxxx0xxx 生殖器損傷 手術・処置等1 なし - - 5.06 - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 今後入院患者を積極的に受け入れていく予定です。不妊症、不育症、月経異常、更年期障害などにも力を入れています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 8.27 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 15.58 - -
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.70 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.91 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 7.72 - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 入院にて白内障の手術を行っています。眼内レンズ脱臼などの合併症の手術、糖尿病性網膜症、網膜前膜などの硝子体手術の施行しています。
 白内障手術は「短期滞在手術等基本料3」の対象となるため、上記の数字に含まれていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 14 8.93 8.12 0.00% 0.00%
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり - - 3.32 - -
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - - 7.28 - -
030460xx97xxxx 中耳・乳様突起の障害 その他の手術あり - - 5.06 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし - - 11.28 - -
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 - - 5.43 - -
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり - - 8.77 - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.60 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 当院の特色として小児疾患、とくに口蓋扁桃肥大、アデノイド肥大に対して手術を行っているので、その入院が最も多くなっています。
次いで若年成人の急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍での入院治療が挙げられます。他にも、小児科・形成外科と連携して鼓膜チューブ挿入術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 - - 13 - 1 7
大腸癌 - 13 17 39 13 1 7
乳癌 - - - - - 1 7
肺癌 - - - - 1 7
肝癌 - - - - 31 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【集計条件】
・「最も医療資源を投入した傷病名」の症例(患者)数を集計しています。「入院時併存傷病名」や「入院後発症傷病名」の症例(患者)数は集計の対象から除いています。
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・患者数は退院数となります。複数回入院の場合は入院回数分が集計さています。
また、一部はDPC制度対象外であり、今回の集計対象には含まれていません。

【解説】
 当院の5大癌の症例数は、大腸癌、肝癌、胃癌、乳癌、肺癌の順となっています。
大腸癌・肝癌・胃癌では、早期であるStageⅠからStageⅣや再発の治療まで幅広く診療しております。
肝癌では、原疾患の特性上、繰り返し癌が再発することが多く、切除や塞栓療法、化学療法などあらゆる治療に対応しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 10.23 39.00
中等症 64 21.09 78.38
重症 17 15.94 83.88
超重症 - - -
不明
【集計条件】
・入院の契機となった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が「肺炎レンサ球菌による肺炎」・「インフルエンザ肺炎」・「細菌性肺炎」の(ICDコードがJ13~J18$で始まる)症例(患者)数を集計しています。
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・重症度についてはA-DROPスコアを用いています。
 年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つを点数化して重症度を評価します。
 
【解説】
 重症・超重症の肺炎患者さんも96症例中19症例と比較的多く診療しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 83 25.33 74.01 40.43%
その他 11 20.36 72.18 3.19%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
【集計条件】
・「最も医療資源を投入した傷病名」の症例(患者)数を集計しています。「入院時併存傷病名」や「入院後発症傷病名」の症例(患者)数は集計の対象から除いています。
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。
・「転院率」は、転院患者数/全退院数で計算しています。

【解説】
 3日以内の脳梗塞の患者さんが約9割となっています。発症後間もない急性期脳梗塞の患者割合が高いということです。当院は救命救急センターを設置しており、急性期の患者さんを積極的に受け入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 23 1.04 2.74 4.35% 69.35
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 12 2.83 8.67 0.00% 77.08
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 手術手技としましては上下部消化管内視によるポリープ切除術、粘膜切除術(EMR)、粘膜下層剥離術(ESD)、止血術、経皮的内視鏡下胃瘻造設術などを行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 42 2.83 5.57 4.76% 67.10
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 4.38 15.06 6.25% 75.56
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 6.31 13.81 12.50% 83.00
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 12 4.25 4.00 0.00% 74.67
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 12 0.00 39.08 0.00% 69.83
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。

【解説】
 虚血性心臓病の患者数が多いことから、冠動脈ステント留置術は最も多い手術です。
高齢化に伴う長期臥床状態の弊害として増加してきているのは、重症下肢虚血です。
手術の適応がないケースでは積極的にカテーテル治療を行なっており、高い成功率を誇っています。
ペースメーカー移植を受けられる年齢も高齢化しておりますが、合併症なく短期間で退院していただいています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 26 0.12 2.50 3.85% 1.31
K403-23 嚥下機能手術(喉頭気管分離術) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K097 足底異物摘出術 - - - - -
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K0453 骨折経皮的鋼線刺入固定術(指) - - - - -
K0451 骨折経皮的鋼線刺入固定術(上腕) - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 当科では腸重積症の整復は、X線透視下整復術のような被爆のリスクのないエコー下非観血的整復術を行っています。
他科の疾患の術後管理も小児科で行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 81 0.26 4.43 0.00% 17.57
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 4.68 7.46 9.76% 62.80
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 35 0.74 1.71 0.00% 72.54
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 30 1.07 11.47 3.33% 74.40
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 29 0.97 4.66 0.00% 50.66
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。

【解説】
 当院では小児救急センターを併設していることから、虫垂炎手術が最も多くを占めています。
また、悪性腫瘍に対する手術を含めてほとんどの手術は鏡視下手術で行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 63 2.71 25.51 52.38% 60.75
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 24 1.25 24.46 4.17% 41.33
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 4.11 29.16 100.00% 83.16
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 17 1.12 6.41 0.00% 37.24
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 13 0.92 23.77 15.38% 37.46
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。

【解説】
 手術は四肢、上肢帯に対する骨折観血的手術が中心で、大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術、骨折手術後の骨内異物除去術が比較的多くなっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴う)(片側) 20 1.10 7.00 0.00% 6.30
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 16 0.50 1.63 0.00% 22.94
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 12 0.75 1.50 0.00% 13.33
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 11 0.45 3.27 0.00% 32.64
K4072 顎・口蓋裂形成手術(硬口蓋に及ぶ) 10 1.00 6.20 0.00% 3.30
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。

【解説】
 当科では唇裂、口蓋裂、顎裂の手術目的で患者が入院する場合、適正な入院期間となるようクリニカルパス等を用いて管理を行っています。
口蓋裂の手術では手術前日に入院し、術後は3日間経管栄養を行い、その後食事の状態を変えていくため、約1週間の入院が必要です。
入院での皮膚、皮下腫瘍摘出術の場合、腫瘍のサイズや深さにもよりますが、概ね早期の退院が多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 17 4.35 15.65 17.65% 77.82
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K164-4 定位的脳内血腫除去術 - - - - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 外傷と脳血管障害救急患者が多いため、外傷性慢性硬膜下血腫の手術が多くなっています。
水頭症手術は、出血後の水頭症とiNPHが合わさっているため、2位となっています。
頭蓋内血腫の手術適応は、概ね血腫量によって判断し、40ml以上を定位的に、70ml以上になると開頭術で対応しています。
クリッピング術は重症の破裂脳動脈瘤が多いこと、定位的脳内血腫除去術は高齢者が多いことが、術後日数が長くなってしまった原因と推測されます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) - - - - -
K8281 包茎手術(背面切開術) - - - - -
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K8381 精索捻転手術(対側の精巣固定術を伴う) - - - - -
K836 停留精巣固定術 - - - - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 膀胱癌に対する経尿道的切除が主要ですが、腎摘術、膀胱全摘術、前立腺全摘術も適応症例に対しては積極的に施行しています。
また、当院では小児診療が充実しており、他院と比較し小児泌尿器の手術の割合が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 85 1.00 1.27 2.35% 75.76
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K269 虹彩整復・瞳孔形成術 - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 入院にて白内障の手術を行っています。眼内レンズ脱臼などの合併症の手術、糖尿病性網膜症、網膜前膜などの硝子体手術の施行しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 1.00 7.29 0.00% 9.29
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K370 アデノイド切除術 - - - - -
K367 咽後膿瘍切開術 - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K3771 口蓋扁桃手術(切除) - - - - -
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) - - - - -
【集計条件】
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 小児及び若年成人の扁桃摘出手術が最も多く、次いで幼小児の鼓膜チューブ挿入術を主に全身麻酔で行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 20 0.26%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.28%
異なる - -
【集計条件】
・「最も医療資源を投入した傷病名」の症例(患者)数です。「入院時併存傷病名」や「入院後発症傷病名」の症例(患者)数は集計の対象から除いています。
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者数です。
・「入院後24時間以内に死亡した患者」又は「生後1週間以内に死亡した新生児」は集計の対象から除いています。
・患者数が10未満の場合は「-」で表示しています。

【解説】
 当院では重症な感染症治療を行っております。手術や他の治療が行われた場合は上記の病気があっても集計対象とならない場合がありますので、実際の症例数(入院患者数)は多くなります。

 「手術・処置等の合併症」には一定の可能性でおこる合併症が含まれています。
おもに、「予防接種後発熱」・「カテーテル留置による感染症」・「冠動脈ステント留置後再狭窄」などです。
更新履歴